Amazon せどりQ&A

せどり「Step①」Amazonセラーアカウント(出品者用)の登録・作成方法

この記事では、Amazon出品者アカウント(セラーアカウント)の登録方法を画像付きでお伝えしていきます。

Amazon出品者アカウントの登録は、これからせどりをスタートするための第1歩です。

まずはこの作業を済ませないとAmazonで商品を販売する事ができないので、苦手意識を持たずに取り組んでみましょう。

 

事前に準備するもの

登録前に準備しておくものがあります。せどり関連はプライベート用と分けて準備することをおすすめします。

  1. クレジットカード
  2. 銀行口座
  3. 本人確認書類
  4. 電話番号
  5. メールアドレス
  6. Amazonアカウント

    どれも必須なので一つ一つ確認していきましょう。

 

1.クレジットカード

可能であればプラベート用とは異なるカードを登録する方が望ましいです。ただ作成が面倒であればプライベート用でも大丈夫です。

月額手数料等が登録したクレジットカード会社へ請求されます。登録したクレジット情報は後から変更する事が可能です。

 

2.銀行口座

銀行口座もプライベート用とは分ける事をおすすめしますが、新しく開設するのが面倒であればプライベート用でも大丈夫です。登録した口座に売上金が入金されます。

こちらも設定した口座は、後から変更する事ができます。

 

3.本人確認書類

本人確認のため、以下2点の書類が必要になります。

  1. 運転免許証 or パスポート
  2. クレジットカードの明細書 、または普段使用している銀行通帳等。

 

4.電話番号

アカウント登録の際に必須項目となります。自分の携帯番号でOKです。

 

5.メールアドレス

YahooメールやGmailでもOKです。Amazonから連絡が届くので、こちらもプライベート用と分けることをおすすめします。

 

6.Amazonアカウント(購入アカウント)の作成

Amazonで商品を購入した事があり、アカウントを持っている場合は次の出品用アカウントの作成に進んで下さい。

Amazonの利用が初めての方は、この段階でアカウントを作成します。

  1. Amazonへアクセス

    インターネット検索で「Amazon・アマゾン」と検索、もしくはこちらをクリックしてください。

  2. 画面右上の「アカウント&リスト」または「新規登録はこちら」をクリックします。

  3. 画面下の「Amazonアカウントを作成」をクリックします。

  4. 必要事項を入力して、「Amazonアカウントを作成」をクリックしてください。

  5. 以上で終了です。次に、ログインして本題の出品者アカウントの作成に進みましょう。

 

セラーアカウント(出品アカウント)の登録方法

事前準備ができたら、いよいよセラーアカウントの登録に進んでいきましょう。

  1. セラーアカウント開設ページにアクセス
  2. 個人・法人の選択
  3. 出品者情報の登録
  4. 販売先の登録
  5. クレジットカードの登録
  6. ストア情報の登録
  7. 身分証明書の提出
  8. 出品形態の選択
  9. 登録完了

以上の項目を済ませれば晴れて登録完了となります。一つ一つ説明していきますのでさっそく取り組んでいきましょう。

 

1.セラーアカウント開設ページにアクセス

まずは登録画面に移動しますので、こちらをクリックして下さい。

登録画面が開くので、「さっそく始める」をクリックします。

 

次に「Amazonアカウントを作成」をクリックします。

 

各種情報を入力して、次へをクリックします。(購入用アカウントと同じアドレス、パスワードでも大丈夫です。)

次へをクリックすると登録アドレス宛にメッセージが届きます。

メッセージには認証コードが含まれているので、そちらを入力したら出品用アカウントの開設は完了となります。

 

2.個人・法人の選択

アカウントを作成する際に個人」か「法人」か選択する必要があります。個人、法人の基準は法人登記をしているかどうかです。

開業届を提出している方は個人事業主となります。(※この記事では個人の設定で進めています。)

アカウント作成画面に移動すると、以下の画面が表示されるので、事業所として置く住所と名前を入力しましょう。

 

3.出品者情報の入力

次に出品者情報の入力です。各項目を選択、入力して進めていきます。身分証明書の項目では、本人確認をする際に提出する証明書を選択して下さい。

「ワンタイムパスワードの取得方法」はショートメールメールなら「SNS」を選択、メールが受け取れない、分からない場合は「電話」を選択します。

 

4.販売先の登録

次に登録する販売先を選択します。Amazonでは、マーケットプレイスと呼ばれています。

おすすめは「日本のみ」です。海外を選択するとトラブルの原因にもなるので北米とヨーロッパのチェックは外しましょう。

 

5.クレジットカードの登録

次は支払いに使うクレジットカードを登録します。大口登録をすると4,900円(税別)が請求されるので、その費用を支払う際に必要です。

利益が出た場合は売上金から差し引かれるので、カード会社から請求されるのは初回のみになることがほとんどです。

クレジットカード情報は正しく入力しましょう。

 

6.ストア情報の登録

クレジットカードの入力が完了した後は、ストア情報を入力します。

ストア情報とは、お店の名前です。あなたがAmazon転売をする際のストア名を決めます。後ほど変更もできるので、あまり悩まずに進みましょう。

設問はどちらも「はい」にチェックします。

 

7.身分証明書の提出

こちらでは身分証明書の提出と銀行通帳の写しを提出します。通帳の写しは原本があれば写真を撮って提出、ネットバンクの場合は明細書のデータ等で代用可能です。

以上、不備がなければ2日ほどで審査結果の通知が届きます。

 

 

8.ビデオ面談

書類の提出が終わると、本人確認として担当者とのビデオ通話による認証(面談)がある場合があります。※画面が表示されない場合もあります。

面談内容は基本的に下記の流れとなっています。

  1. ご自身名前の回答
  2. メールアドレスの回答
  3. 提出した身分証明書による本人確認

面談は予約制になっており、平日10時~17時30分の間で自由に選択できる形式です。

 

9.登録完了

お疲れ様でした。以上でAmazonセラーアカウントの登録が完了です。先程もお伝えしましたが、認証されるまでに最低2日ほどかかります。

本人確認書類が受理された時点で登録が完了するので、ひとまず結果を待ちましょう。

アカウントの登録が完了すると、セラーセントラルという画面が開きます。こちらの画面が表示されたら登録が完了した証拠です。

 

10.セラーセントラルにアクセスしてみよう

セラーセントラルとは管理画面のことであり、商品の出品などもここから行っていきます。セラーセントラルでは、Amazonの情報を全て確認できます。

初めは分からない事ばかりかもしれませんが、焦らずに少しづつ覚えていきましょう。

次はステップ2、実際に商品を販売してみましょう。

-Amazon, せどりQ&A