「Word Press」アイキャッチ画像の設定方法と劇的効果について!

サイト運営者(管理者)ならびにライターのみなさん、記事作成は順調でしょうか。もし順調ではない方がおられましたら、それはどんな悩みなのでしょうか。

読者の目を引きたいけど何をすれば良いのかわからない、そんな悩みを抱えている方もいるかもしれません。そんな悩みの場合、まずはアイキャッチ画像の設定をしてみてはいかがでしょうか。

もしすでにアイキャッチ画像を設定している場合でも、そのアイキャッチ画像をより素敵で魅力的なものにしていきたいものですよね。

そうすることで、まずは読者にあなたの書いた記事を読んでいただく「きっかけ」をつくることができると思います。

そして、この記事を読み終えるころには、アイキャッチ画像の存在の大切さをきっとわかっていただけるようになっているはずです。ぜひ最後までご覧ください。

アイキャッチ画像とは

まずは、アイキャッチ画像とは何かについてお話していきます。アイキャッチ画像とは、その記事がどんな記事なのかを一目で分かるように設定する画像です。

今回の記事を作成するにあたり、私は以下のようにアイキャッチ画像の設定をしました。

 

設定後は読者から見る画面には以下のように、クリック意欲を刺激することを目的とした画像イメージが表示されます。

サイトの設定によっては記事の冒頭にもアイキャッチ画像を表示させることができます。

 

それでは次に、アイキャッチ画像の設定方法を以下にご説明していきます。

アイキャッチ画像の設定方法

まずは基本的なアイキャッチ画像の設定方法についてご説明していきたいと思います。

WordPressの投稿画面を見てください。以下の画面、右上にある「表示オプション」という部分をクリックしてみましょう。

 

そうすると、以下の画面になりますので「アイキャッチ画像」にチェックを入れます。

 

そうすると投稿画面にアイキャッチ画像を設定できる部分が出現します(以下の画面、右下部分です)。

 

上記の画面の「アイキャッチ画像の設定」をクリックしましたら、以下の画面が現れます。画面の「ファイルをアップロード」または「メディアライブラリ」の画像や写真を1つ選択しましょう。

 

今回は、以下に示すお薬の画像をアイキャッチ画像に選択したいと思いますので、その画像にチェックを入れます。選択後、右下「アイキャッチ画像を設定」をクリックしましょう。

 

以上で設定完了です。このようにアイキャッチ画像が設定されました。

アイキャッチ画像を一度設定したけれど、もし違うアイキャッチ画像を設定したくなった場合には「アイキャッチ画像を削除」をクリックしてから新たにアイキャッチ画像の設定を行ってください。

 

アイキャッチ画像の意味と劇的効果

まずは、上記の画像について。みなさん、瞬間的にどのような印象を受けましたでしょうか。

個人的な印象ですが、こちらの画像を見て、非常に輝きに満ちておりWordPressの魅力が一瞬にして栄えるような印象を受けました。

そうです、これなのです。その記事の魅力が一瞬にして読者へ伝わるような画像を設定すること。それがアイキャッチ画像の設定で大切なことなのです。

まずはアイキャッチ画像の意味からお話します。また、アイキャッチ画像をより魅力的に見せる方法についてお話していきたいと思います。

アイキャッチ画像の意味

アイキャッチ画像は、まさに読者のアイ(目)をキャッチ(捕らえる)画像のことです。

また、アイキャッチ画像は「サムネイル画像」と呼ばれる場合もあります。サムネイル画像とは、ページ数や画像数などが多い記事のときに縮小化され、分かりやすくしたものです。

アイキャッチ画像をより魅力的に見せる方法(劇的効果)

読者に向けてアイキャッチ画像をより魅力的に見せる方法をご紹介したいと思います。どんな画像や写真を選択するべきなのか、以下5点に分けてあげてみました。

  • 刺激的な色使い(原色など)や輝きがある
  • 男性ならイケメン、女性なら美人系やかわいい系
  • こども(特に赤ちゃん)や動物(特にペットにしやすい動物)
  • 文字入りの画像
  • ひと目見ただけでその記事の内容まで連想できる

 

以上5点の例になるような画像を、以下(例1~例5まで)に載せておきます。

例1:レモンの画像です。こちらの画像は、原色でインパクトがあります。個人的には、ビタミンCについての記事作成時などに適した良い画像かなと思います。

 

例2:新郎新婦の画像です。とても綺麗で幸せが湧き出ているような画像ですね。イケメン新郎と綺麗な新婦に目をうばわれてしまいますね。

 

例3:双子の赤ちゃんがウサギの着ぐるみを着ている画像です。とてもかわいいですね。赤ちゃんのかわいさと着ぐるみのかわいさが相乗効果になっているかなと思います。

 

例4:文字入りの画像です。今回は、あえてWordPressの文字入り画像を例としてあげました。これなら、その記事が瞬時にどんな内容かが読者にわかりますよね。

 

例5:ディズニーシーでのミッキーです。こちらの画像をひと目見ただけで、おそらく多くの読者さんはその記事が「ディズニーに関する記事だ」と連想できたはずですね。

 

以上が例1~例5になります。いかがでしたでしょうか。少しでも参考にしていただけると幸いです。それでは、最後に今回の記事のまとめをしていきましょう。

まとめ

今回は、WordPressにおけるアイキャッチ画像の設定についてお話させていただきました。記事作成においては、アイキャッチ画像に限らず、さまざまなことに気をつけなければなりません。

しかし、最終的にいきつくところは、たくさんの読者さんに自分の記事を読んでもらいたいという思いはどのライターさんにも共通していることではないでしょうか。

最初のうちは読者さんの目を自分の記事へ向けていただくために文章力を磨いていくのは難しいかもしれません。しかし、アイキャッチ画像の設定であれば、文章力を磨くよりは簡単にできそうな気はしませんか。

ぜひ、アイキャッチ画像を魅力あるものにしていきましょう。そして読者さんに自分の記事を読んでいただくための「きっかけ」になるようにしていきたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です